コーヒーの準備 | 豆の鮮度と焙煎度

豆の鮮度と焙煎度

**おいしいコーヒーの入れ方(豆の鮮度と焙煎度)**

おいしいコーヒーを入れるために、抽出する湯の温度が関係してきますが、それは豆の鮮度、焙煎度にもよって異なってきます。

焙煎直後の豆は炭酸ガスを発生するため、高い温度では「蒸らし」ができないので80℃位で丁寧に入れたほうが良いです。
逆に焙煎してから2週間以上経過している豆は湯を抱え込む力が弱まってしまうので、3〜5℃くらい高めで入れると丁度良いです。

*****
おいしいコーヒーというのは、まずい・うまいといった個人的な嗜好ではなく、「よいコーヒーを使う」といった客観的な嗜好が大前提になります。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。