コーヒーの準備 | 湯の温度

湯の温度

**おいしいコーヒーの入れ方(湯の温度)**

おいしいコーヒーを入れるために、抽出する時の湯の温度に気をつけましょう。これは、どんな抽出器を使うかによっても決まります。

例えば、エスプレッソマシンは9気圧で90℃の高温設定です。
ペーパードリップだと90℃以上の温度では苦味が強くなり、75℃以下の温度では酸味が強まるということになります。

焙煎度と湯の温度の関係は、浅煎りはやや高めの84〜87℃で、深煎りは77〜81℃くらいの温度で入れると丁度バランスが良いです。

*****
おいしいコーヒーというのは、まずい・うまいといった個人的な嗜好ではなく、「よいコーヒーを使う」といった客観的な嗜好が大前提になります。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。