アルコールの種類 | ティア・マリア(Tia maria)

ティア・マリア(Tia maria)

ティア・マリアは、サトウキビから作られた中性スピリッツ(ラムの一種)にブレンドしたコーヒー粉を浸漬して造られたジャマイカ産のコーヒーリキュールです(アルコール分26.5度)。

ジャマイカはラム酒の産地として有名ですが、ブルーマウンテンの生産地でもあります。ティアマリアは、以前はブルーマウンテンのリキュールと謳われていたのですが、最近ではそのように宣伝していないようなので、原料は別のコーヒー豆なのかもしれません。

カルーアに比べてコーヒー風味がしっかりと溶け込んでいて、爽やかな苦みが味わえてすっきりした口当たりが特長です。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。