コーヒーとアルコール | コーヒーと洋酒

コーヒーと洋酒

コーヒーに使われる洋酒と言えば主に、ウイスキー、ブランデー、リキュール類ですが、酒は製造別に蒸留酒(じょうりゅうしゅ)、醸造酒(じょうぞうしゅ)、混成酒(こんせいしゅ)の3つのタイプに分かれています。

蒸留酒…穀類や果物の発酵液を蒸留させたものでスピリッツとも言います。アルコール度数が高く、ウォッカ、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ラムなどがあります。

醸造酒…穀類や科果物を糖化させて、アルコール発酵をさせたものです。酒、ビール、ワインなどがあります。

混成酒…醸造酒や蒸留酒に香りと甘みをつけたもので、リキュール、みりん、梅酒などがあります。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。