アジア地方のコーヒー豆 | ベトナム

ベトナム

ベトナムは、やわらかい系統の昔の品種で、風味や味はいいのですが、精製が不十分ということもありグレード的には低い設定です。

ロブスタ種で安定した風味がある小粒の豆が特徴です。


**アジア地方の特徴**

アジア地方の産地といえば「インドネシア」が有名ですが、ベトナムやスマトラ島、ジャワ島などのロブスタ種の産地も多い地方です。

仲介人が小さな農園から集めた豆を精製しているため、グレードがなかなか揃わずに乾燥ムラを起こすことが多いですが、独特の酸味と豊かなコクをもつ「マンデリン」の人気は高いようです。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。