生豆のタイプ1 | ブラジル・ウォッシュト

ブラジル・ウォッシュト

ブラジル・ウォッシュトは、良質の酸味を持ち、渋みは焙煎度を上げれば相乗的に増していきます。

焙煎度の適正目安はシナモンです。

水洗式にすると精製度が高く、品質も安定しています。

**タイプ1の特徴**

タイプ1の生豆は水分量が少なく、色が全体に淡いです。

また肉薄で扁平な上、重量も軽いです。成熟度は高く、豆の表面に凹凸が少なく滑らかです。

このタイプの豆は低地から中産地の豆に多く、酸味は穏やかで豊かな香りを感じさせてくれます。また、浅く煎っても「青臭さ」が出ません。

深入りにすると気の抜けたような味になりますので、中煎りまでにするのが良いでしょう。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。