コーヒーと健康 | コーヒーと子供の関係とは?

コーヒーと子供の関係とは?

コーヒーに含まれているカフェインには、刺激作用があり、中枢神経を優しく刺激したり、頭や身体をリフレッシュさせてりする働きがありますが、これらは乳幼児などには大人が感じる以上に強く作用することがあるようです。

「コーヒーは大人の飲み物」といわれているように、乳幼児にはあまりコーヒーを飲ませない方がよいです。

ただ、小学生くらいになるとミルクがたっぷり入ったカフェ・オレなどであれば問題はないでしょう。うまくいけば牛乳嫌いの子供が牛乳を飲めるようになるきっかけになるかもしれませんね。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。