コーヒーと健康 | コーヒーとがん

コーヒーとがんの関係とは?

1982年に癌研究の第一人者である「高山昭三」博士の研究によって、コーヒーに含まれているカフェインには、発癌性も変異原性もないという発表がありました。

変異原性とは、癌細胞のように突然変異をおこさせる主要原因となることで、国際ガン研究機関(IRAC)が、全世界のガン研究を分析した結果、コーヒーには直腸がんや結腸がんを抑制する働きがあると1990年に報告されています。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。