コーヒーと健康 | 肝臓への影響

肝臓への影響は?

コーヒーにはたんぱく質や脂肪、カフェインなど様々な物質が含まれていますが、カフェイン以外のたんぱく質や脂肪というのは身体に吸収されていきますが、カフェインだけは肝臓で処理されています。

したがって、健康な人がたくさん飲むのには問題はありませんが、肝機能が低下しているときや、肝機能障害がある人には肝臓負担が大きくなるので注意が必要です。

医師から肝機能の低下を指摘された場合は、コーヒーを控えた方が賢明です。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。