コーヒーと健康 | コーヒーと便秘の関係

コーヒーと便秘の関係とは?

コーヒーに含まれている成分にはたんぱく質や脂質、カフェインといった主成分の他に「タンニン」という物質があります。

タンニンには、腸内細菌の活動を抑える働きがあるため、コーヒーを飲むと便秘になってしまうという不安をかかえる人は少なくありません。

しかし、コーヒーに含まれているタンニン量は栗や渋柿よりもはるかに少ないので、少しばかり飲みすぎたから便秘になるということはありません。

それでも便秘が気になる人には、カフェ・オレにして飲めばタンニンの作用を抑えてくれるためオススメです。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。