コーヒーと健康 | 高血圧や低血圧とコーヒー

高血圧や低血圧とコーヒー

コーヒーには毛細血管を拡張させる働きがあり、末端の血管を拡張させて血圧を下げます。

また、コーヒーの成分であるカフェインには、心臓の拍動を高め、血流をよくして血圧を高めます。

以上の事でコーヒーを飲むと一時的ではありますが血圧を上げたり下げたりする作用があります。

高血圧と低血圧の改善とはいきませんが、これを利用するができます。
例えば、朝が低血圧気味の人はコーヒーを飲むと一時的に2時間ほどは血圧が上昇するので効果的です。
また眠気覚ましにもなります。

しかし、重度の高血圧症の人にとってカフェインはあまりよい効果はありませんので、飲みすぎには十分に注意しましょう。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。