コーヒーと健康 | コーヒーで胃がもたれる

コーヒーで胃がもたれる

コーヒーに含まれている成分にはたんぱく質や脂質、カフェインといった主成分の他に「タンニン」という物質があります。

胃酸の分泌の悪い人や、逆に胃酸の分泌の良すぎる人が空腹時にコーヒーを飲むと、このタンニンの刺激を受けて胃腸の粘膜を傷め、胃がもたれる感じがすることがあります。

これを回避、緩和するためには、空腹時には飲むのを避けたり、空腹時のコーヒーにはミルクを大量に混ぜ、カフェ・オレにして飲むなどして工夫をするとよいでしょう。
もしくは、つまみになるカステラやビスケットなどのお菓子を一緒に楽しむとよいとされています。

カステラやビスケットには胃の中でコーヒーを吸収して、タンニンから胃壁を保護してくれます。

ただし、油を使用しているお菓子(ケーキやクッキーなど)はこの効果はありませんのでご注意を。

味の構成

Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。