ブレンドの目的 | ブレンドの種類の制限

ブレンドの種類の制限

ブレンドをするために何十種類もの豆を混ぜればいいというものではありません。そんなことをすれば元々個性の強い豆の主張が薄まってしまい、特徴のない味になりかねません。

また2種類ブレンドのようにお互いの個性をぶつかり合わせたり、融合させる事によって作るというのも、どちらかの豆が入手できない場合にそれらに代わる豆を探さなくてはなりません。

よってそういったリスクを少なくするためには3〜4種類をブレンドするのが一番理想的だと思います。

豆の種類が決まったら、煎りむらをおこさないように焙煎度をあわせることも忘れないようにしましょう。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。