豆を挽こう! | 挽き方と焙煎度の関係

挽き方と焙煎度の関係

挽きかたというのは抽出器具によっても変化させていかなくてはなりませんが、焙煎の具合や好みによっても変えていくと面白いです。

すでに挽いてある状態で販売されている製品は、どんな器具にも適用している「中細挽き」が多いです。

コーヒー豆というのは細かく挽くほど抽出される面積が広くなっていき、色も味もよく抽出されるようになりますが、細かすぎるとコーヒーのうまみ成分だけでなく、タンニンなどの渋み成分が多く抽出されてしまいます。

粗挽きの場合のように粒が大きすぎると、苦味・酸味が弱くなりすぎて、風味が薄くなってしまいます。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。