焙煎を知ろう! | 短時間焙煎とは?

短時間焙煎とは?

コーヒーの味作りに大事な焙煎。

この焙煎方法には単品焙煎、混合焙煎、長時間焙煎、短時間焙煎などがあります。


**短時間焙煎(たんじかんばいせん)**

短時間焙煎とは、低温で長時間焙煎する「長時間焙煎」とは違い、反対に火力を強くすることで時間を短めにする焙煎方法です。

例えば、A、B、Cの三種類の豆をブレンドするとします。
長時間焙煎によってCの個性が弱まってしまうと判断したら、AとBを煎りむらにならない範囲で、やや短時間で仕上げるようにし、Cの個性に合わせた形にするという目的でおこないます。

原則として、同じ焙煎度に焙煎するための時間の調整は、煎りむらをおこさない範囲にとどめなければなりません。

時間が長くなればなるほど全体の香りは弱くなり、味は酸味が弱まって苦味が増します。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。