コーヒーの収穫方法 | 水洗式とは?

コーヒーの精製法(水洗式)とは?

収穫されたコーヒーの実の中から種子を取り出し、生豆として製品化されていく過程を「精製」と言います。

精製法には、大きく3通りあり、自然乾燥式・水洗式、または半水洗式とあります。

「水洗式(ウォッシュト)」は、まず運河状の水路で流しながら不純物を取り除き、機械で果肉を除去し、発酵槽に移してぬめりを取り、水洗いします。

その後乾燥された果実を脱穀して生豆を取り出します。

水洗式は、それぞれの工程で不純物や欠点豆が除去されていくので、生豆の精製度が高く、粒も揃ってきれいなことから欧米での人気は高いです。

しかし、各工程での管理がなされていないと生豆の品質低下を招いてしまいます。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。