世界のコーヒー産地 | ハワイのコーヒー

ハワイのコーヒー

ハワイで産出されている豆は、「ハワイ・コナ」と呼ばれていて、平形で大粒、ろうみを帯びた緑色をしており、適度な酸味と、なめらかな味をもっており、世界的な評価が非常に高いです。

主な産地は、ハワイ島西岸マウナ・ロア山、マウナ・ケア山の西岸斜面のコナ地区で行われており、19世紀初頭に栽培が始まりました。

等級方法は生豆1ポンド当たりの欠点豆数により算出され、最良品は10個以下のコナ・エクストラ・ファンシー(KEF)です。


*コーヒーベルトはご存知ですか?*

世界には、アメリカ・アフリカ・メキシコなど60を超えるコーヒー生産国があり、その大半は北回帰線(南緯23度27分)と南回帰線(南緯23度27分)の間に位置しています。

この赤道を挟んだコーヒー栽培地帯を「コーヒーベルト」または「コーヒーゾーン」と言います。

このコーヒーベルト内は亜熱帯・熱帯気候に属し、平均気温は20℃を超え、コーヒーの栽培に適した環境が備わっています。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。