世界のコーヒー産地 | インドネシアのコーヒー

インドネシアのコーヒー

以前地震のあった「スマトラ島」。ここで産出されている「マンデリン」は、ジャワ島のジャワ・ロブスタや、スラウエシ島のトラジャなどの銘柄品の中でも特に高級品とされています。

この他でもスマトラ島北部ガヨマウンテンの豆は味のバランスが良いだけでなく、良質の酸味を持っています。


*コーヒーベルトはご存知ですか?*

世界には、アメリカ・アフリカ・メキシコなど60を超えるコーヒー生産国があり、その大半は北回帰線(南緯23度27分)と南回帰線(南緯23度27分)の間に位置しています。

この赤道を挟んだコーヒー栽培地帯を「コーヒーベルト」または「コーヒーゾーン」と言います。

このコーヒーベルト内は亜熱帯・熱帯気候に属し、平均気温は20℃を超え、コーヒーの栽培に適した環境が備わっています。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。