コーヒーの3原種 | アラビカ種の品質低下とは?

アラビカ種の品質低下から見直しへ

アラビカ種(生産量70%〜80%)は、コーヒーの三原種の中でももっとも品質がよく、風味と香りに優れています。

一番おいしいコーヒー豆の品種(アラビカ種)は、耐病性・生産性・環境適応性などを盛んに繰り返し、生産性を高めていこうという努力がなされました。

その半面で味や風味へのこだわりが希薄となり、コーヒー豆の品質低下を招いてしまいました。

最近になって、その反動ともいえる高品質コーヒーへの関心が高まり、伝統品種回帰への波が広がってきました。

耐病性の低さ・生産性の悪さから栽培品種としてはきわめてマイナーな伝統品種が、その豊かな風味ゆえに見直されてきはじめました。

≪オススメサイト≫
美味しいコーヒーを飲むためには、それなりのお金が必要になってきます。
山口 日本画買取りといった買取りサービスをフルに活用し、美味しいコーヒーを買うための資金集めにしてみて下さい。
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。