コーヒーの基礎知識 | コーヒー豆の保存方法とは?

コーヒー豆の保存方法とは?

コーヒー豆というのは、挽いて粉にした瞬間から酸化が始まり、時間の経過とともに成分が変化してしまいます。

粉に挽くことで表面積が増えて、空気に触れる面も増えるので酸化も加速してしまいます。

ということは挽いた粉での保存は避けたほうがよいでしょう。

できれば焙煎したての豆を購入して、においの影響を受けにくい密封性の高い容器に入れておきましょう。

常温で2週間くらいは風味が保たれます。

それ以上の長期保存となると、冷蔵庫、冷凍庫で行いますが、冷凍庫の場合は2、3ヶ月保存が可能です。

生豆の保存になると、厚手の紙袋や、密閉性の高い缶などに詰めて、風通しの良い場所におき、常温で保存します(高温多湿は避けるようにしましょう)
Copyright (C) 2007 - 2015 コーヒーでリラックスへ〜All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を禁じます。